リハビリ専門学校へ入学

困っている人を助けたい、障害を持っている人に手を差し伸べたい、そんな思いで将来の進路を描いている方もいると思います。リハビリの仕事は大変なものですが、大きなやりがいを得られる仕事でもあります。そもそもリハビリテーションとは、病気や事故などによって障害を抱えてしまった人が、その身体機能を取り戻すためにサポートすることを言います。また、高齢者の方の運動能力を回復させるというのも仕事の一つです。理学療法士や作業療法士、言語視覚士など、さまざまな職種があり、それぞれに役割が異なります。

理学療法士の主な役割は、立ったり座ったりといった基本的な動作ができるようにサポートすることです。作業療法士は、手芸のように、手を使った細かな作業ができるようにサポートするもの。そして言語視覚士は、話を聞いたり話したりするのが不自由な方に対して言語や聴力の能力を回復できるようサポートする役割があります。このように、リハビリと一口に言ってもさまざまな役割を持った人たちがおり、それぞれの人たちがあらゆる角度から障害を持った方や高齢者の方たちをサポートしています。

こうした理学療法士や作業療法士として働くためには、まずリハビリ専門学校に入学して資格の取得を目指し、知識や技術などを身につけ、卒業する必要があります。それでは、リハビリ専門学校に入学するためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、リハビリの仕事をしたいという方に向けて、リハビリ専門学校の入学の仕方や卒業までに習う内容などについて詳しくご紹介します。



▼外部リンク
作業療法士の専門学校>>>作業療法士として働くための専門学校のサイトです。在校生の声なども充実しています。